東京特別支援連携機構 KANDOとは

『民間主導による都内児童生徒特別支援連携サポートネットワーク』であり、民間の発達支援機関と発達障害当事者の保護者支援の団体や学校が連携し合い、思春期の子どもたちの療育、学業支援、就労観の育成などでつながり合い、寄り添い、連携し合うことを通して、 当事者の学び場、居場所、自我・自己実現の達成につなげていくことを目的とする任意団体です。 

幹事

教育サポートセンターNIRE(品川区)

発達支援教室ホーミーズ(中野区)

ネスト・ジャパン(港区)

さくらんぼ教室(千代田区、江戸川区、千葉県下2教室)

ノンフィクション作家 滝田 誠一郎

ブライトネ(横浜市磯子区)

NPO法人 パルレ(品川区)

明蓬館高等学校(品川区)

活動内容

発達障害児童・生徒への支援を行う民間ベースの塾、教室、ルームが首都圏各所に増えています。特別支援教育に力を入れる通信制高校にも小学高学年から中学生にかけての生徒の保護者からの支援要請や問い合わせが増えています。また、発達支援教室には、中学や高校の進路についての不安や相談が寄せられています。

 

当機構では、『都内各所で高い志と品質を持つ、発達支援教室の横のネットワーク組織をつくり、お困りの保護者と児童・生徒の情報を収集・集約して相談機能も持たせていく、実働機能』を志向しています。

保護者からのニーズの収集や相互研鑽、顕彰なども目指します。

 

さらには、専門学校・大学や就労移行支援団体との縦の連携も図っていければと考えています。

学習支援、心理支援、各種スキル支援、生活支援、就労移行支援など、一機関では手の届かないリソースもコラボレーションにより、拡充を図り、学びづらさ、生きづらさを抱える生徒と支援づらさを抱える保護者を支えていけることを目指します。

活動実績

第一回KANDO流学校選びシンポジウム

"学びにくさを持つ子どものための中学・高校選び"

2011113日(木)

品川区中小企業センター 大会議室

住所:品川区西品川1283 大会議室  

80名を超える参加者で終了しました

 

第二回KANDO流学校選びシンポジウム

"学びにくさを持つ子どものための中学・高校選び"

2012716日(月)

東京都港区港南2丁目15-2 品川インターシティ地下1階 会議室1・2

100名を超える参加者で終了しました

シンポジウムの様子

INFOMATION

発達支援教室ホーミーズ

東京都中野区野方5-31-13
03-5356-7502

問い合わせフォーム

メモ: * は入力必須項目です